読み込み中 . . .
中止

トンキンイトヨリ

Nemipterus thosaporni Russell, 1991

形態・特徴 背鰭は10棘9軟条、臀鰭は3棘7軟条。生時、体側には2本の黄色縦線があり、腹縁に黄色縦線を有しない。尾鰭上葉は尖るが伸長せず、その先端は黄色。大きいものは体長22cmになるが、南シナ海のものは小型であるという。
分布 琉球列島以南。~台湾、南シナ海、シャム湾、インドネシア。水深50~100mの砂泥底にすむ。
生息環境 水深50~100mにすむが、もっと浅い水深でも漁獲される。
食性 肉食性。
その他 底曳網で漁獲され、東南アジアでは食用になっている。南シナ海では量的には多く、モモイトヨリに次ぐ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません