読み込み中 . . .
中止

シャムイトヨリ

Nemipterus peronii (Valenciennes, 1830)

形態・特徴 背鰭は10棘9軟条、臀鰭は3棘7軟条。背鰭棘間の鰭膜が深く切れ込むことで、日本産のイトヨリダイ属魚類と区別できる。尾鰭上葉は糸状にならない。体側には不明瞭な鞍状斑、細縦帯を有する。体長20cmほど。
分布 琉球列島。~南シナ海、東部インド洋、北部オーストラリア、紅海。水深30~100mの砂泥底にすむ。
生息環境 やや深い砂泥底にすむが、幼魚は30m以浅にもあらわれるようだ。
食性 肉食性。
その他 食用魚。東南アジアでは食用になっているようだ。従来使用されていたNemipterus tolu (Valenciennes,1830)は、N.peronii(Valenciennes,1830)のシノニムとなった。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

しろーさんが日本 沖縄県 名護市 名護漁港で撮ったシャムイトヨリ

日本 沖縄県 名護市 名護漁港

2016.01.02

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったシャムイトヨリ

日本 沖縄県 本島近海

2016.07.21

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったシャムイトヨリ

フィリピン カビテ

2010.05.23

海人さんがマレーシア コタキナバル>河口で撮ったシャムイトヨリ

マレーシア コタキナバル>河口

2007.10.28

塩猫さんがフィリピン 中部ルソン地方 スービック湾で撮ったシャムイトヨリ

フィリピン 中部ルソン地方 スービック湾

2020.12.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する