読み込み中 . . .
中止

アジアコショウダイ

Plectorhinchus picus (Cuvier, 1828)

形態・特徴 頭部の有鱗域は広く、涙骨上にも広がる。また、眼の下縁は吻端よりも上方に位置し、側線有孔鱗数が70~75枚と多いことなどが特徴。体色は稚魚期には白色と黒色の帯が見られるが、成長に伴って黒色帯は小さい黒点へと変化していき、白色帯は地色として機能するだけなく、白色から青灰色へと変化する。
分布 幼魚は相模湾でも見られるが、成魚は三重県以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。
生息環境 沿岸浅海の岩礁域やサンゴ礁域に生息する。成魚は小さな群れを作ることがある。
食性 甲殻類、多毛類や小型魚類などを捕食する動物食性。
その他 美味な魚として知られ、漁獲されると市場に流通するが、資源量は多くないようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません