読み込み中 . . .
中止

イトヒキサギ

Gerres filamentosus Cuvier, 1829

形態・特徴 イトヒキサギの仲間は背鰭の第2棘が長く伸長する。日本には3種が生息し、本種は南日本以南、インド・西太平洋域に広く分布する。
主上顎骨の露出部は二等辺三角形でない、側線上方横列鱗数は7-8、体側には楕円形の斑点かならなる横帯がある、ヤマトイトヒキサギと比較して眼がやや大きい、などの特徴をもつ。
分布 紀伊半島以南の太平洋岸、山口県日本海沿岸、琉球列島。~インド・西太平洋域。
生息環境 沿岸の砂底や河口の汽水域などに見られる普通種。
食性 底生動物や小型甲殻類などを捕食する。
その他 定置網や地曳網、小型底曳網などでよく漁獲される。食用魚となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません