読み込み中 . . .
中止

タカサゴ

Pterocaesio digramma (Bleeker, 1865)

形態・特徴 タカサゴ科の魚は、琉球列島で「ぐるくん」と称され、フエダイ科に近いとされる。学者によっては、フエダイ科の中に含める場合もある。本種は、尾鰭の両葉端のみが暗色で、体側の2本の黄色縦帯のうち、2番目のものが側線下方を走るなどの特徴がある。ニセタカサゴの2番目の黄色縦帯は、側線を沿うようにして走る。体長30cmになる。
分布 相模湾以南の太平洋岸、日本海、九州西岸、琉球列島。~西太平洋。
生息環境 サンゴ礁域に見られるほか、本州~九州の太平洋岸や、日本海西部の磯にも見られるようだ。昼間は岩礁やサンゴ礁域を群れで遊泳し、餌となる動物プランクトンを捕食する。夜間は単独で、岩の陰などに潜んでいる。
食性 主に動物プランクトンを捕食する。
その他 産卵期は夏といわれ、日没前に産卵する。卵は分離浮性卵で、約23時間で孵化する。
沖縄では、釣りの対象魚、もしくは漁業の主要対象種のひとつで、追い込み網などにより漁獲される。肉は白身で、唐揚げや塩焼きが良く知られているが、刺身なども美味しい。沖縄県では、県魚に指定されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません