読み込み中 . . .
中止

クマササハナムロ

Pterocaesio tile (Cuvier, 1830)

形態・特徴 タカサゴやニセタカサゴに酷似するが、体の縦帯は黒色で細いこと、尾鰭の両葉に黒色帯があることなどにより区別できる。体長25cm。
分布 三重県志摩・尾鷲以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。ハワイ諸島にはいない。
生息環境 サンゴ礁に多く、たまに南日本太平洋側の岩礁にも見られる。他のタカサゴ属魚類同様昼間は大きな群れを作る。
食性 動物プランクトンを主に捕食する。
その他 追い込み網などで漁獲され、他の同属魚類と同様、唐揚げ、塩焼き、刺身などにして美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません