読み込み中 . . .
中止

ヒメタカサゴ

Dipterygonotus balteatus (Valenciennes, 1830)

形態・特徴 本種と、ホソタカサゴについては1999年に日本からは初めて記録された。いずれも体が細く、他のタカサゴ科とは違う印象をうける。背鰭には鱗を持たず、タカサゴ科としては特異なものである。体側の上半部は赤褐色で、不規則な斑紋がでることもある。尾鰭には模様がない。体長10cmほどの小型種。
分布 和歌山県、沖縄島。~インド・西太平洋域(紅海を除く)。沿岸域にすむ。
生息環境 沿岸域で群れを作る。
食性 動物プランクトンをおもに捕食する。
その他 小型種であまり食用になっていない。本種については、しばしばハチビキ科のロウソクチビキと混同されていた。ヒメタカサゴ属は本種のみが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません