読み込み中 . . .
中止

ウメイロモドキ

Caesio teres Seale, 1906

形態・特徴 体高がタカサゴ類とくらべ、やや高い。生時、背鰭・尾鰭は鮮やかな黄色。水中で見ると青みがつよく、大変美しい。ユメウメイロによく似ているが、本種は頭部背面の鱗域は連続しないこと、黄色みが強いことにより区別できる。体長35cmに達する。
分布 相模湾以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~台湾、インド-太平洋域。ただし、ハワイ諸島にはみられない。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁の潮通しの良い場所に大きな群れですむ。
食性 動物プランクトンを主に捕食する。
その他 タカサゴ属の魚は、クマササハナムロ属の魚に似ているが、体高があり、普通前上顎骨の後方突起が1個である等の特徴を持つ。日本産は4種が知られているが、タカサゴは本属でなく、クマササハナムロ属に含まれる。いずれの種も、沖縄では重要な食用魚である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません