読み込み中 . . .
中止

アオハタ

Epinephelus awoara (Temminck and Schlegel, 1842)

形態・特徴 体側には明瞭な5本の暗色横帯があり、生鮮時には体側に黄色小斑がある。尾鰭は丸い。コクテンアオハタに似るが、コクテンアオハタでは暗色帯に沿うように小黒色点がある。オビハタでは横帯は他の斑点の下にあり不顕著である。体長40cmまででやや小型種。
分布 千葉県・山形県~鹿児島県。朝鮮半島、済州島、台湾、中国、南シナ海、フィリピン。温帯のハタで日本海側でも多くみられる種。
生息環境 温帯海域を好むハタで、日本海にも分布する。岩礁域や、岩混じりの砂底にすむ。幼魚は浅所でも見られるが、大型個体はやや深場にうつるようである。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 日本海側や、九州などでは定置網、釣り、延縄などで漁獲される重要食用種。市場にもよく出る。肉は白身で、刺身、焼き物、煮付け、大型なら鍋物なども美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません