ハナタカサゴ

Caesio lunaris (Cuvier, 1830)

形態・特徴 体高はタカサゴ類と比べ高い。尾鰭上・下葉の後端は暗色。体色は青っぽかったり、黄色域を出したり、赤色を出すこともある。体長30cm。
分布 小笠原、琉球列島。~インド。西太平洋域。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。
地方名 コージャーヒラーグルクン(沖縄県本島)、オームレジャー(沖縄県糸満市)、シーヌッカー(沖縄県国頭村)、ヒラーグルクン(沖縄県久米島町・宮古島市)、イノーグルクン(沖縄県宮古島市狩俣)、グルクン(沖縄県宮古島市久貝)、オームルージャー(沖縄県八重山)
その他 沖縄では市場にでるが、やや少ないよう。塩焼きや刺身など美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

なかたけさんが日本 沖縄県 渡嘉敷村 クエフ島沖で撮ったハナタカサゴ

日本 沖縄県 渡嘉敷村 クエフ島沖

2016.08.09

hanadaiさんがマレーシア シパダン島で撮ったハナタカサゴ

マレーシア シパダン島

2006.06.23

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったハナタカサゴ

日本 沖縄県 本島近海

2016.10.31

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったハナタカサゴ

日本 沖縄県 本島近海

2016.10.31