読み込み中 . . .
中止

シマアオダイ

Paracaesio kusakarii Abe, 1960

形態・特徴 アオダイの仲間で、主上顎骨に鱗があり、体側には不明瞭な横帯がある。この横帯は、腹部にまで達しない。老成魚の後頭部は膨出する。体長60cmに達する大型種。
分布 伊豆諸島、鳥島、静岡県御前崎、高知県宿毛、屋久島、琉球列島、南大東島。~台湾、南シナ海、西太平洋。
生息環境 水深100m以深の岩礁域に生息する。
食性 小魚や甲殻類を捕食する。
その他 沖縄ではやや深い岩礁域から釣りなどで漁獲され、食用となるが少ない。白身で刺身や焼き物などにしてかなり美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません