シマアオダイ

Paracaesio kusakarii Abe, 1960

形態・特徴 アオダイの仲間で、主上顎骨に鱗があり、体側には不明瞭な横帯がある。この横帯は、腹部にまで達しない。老成魚の後頭部は膨出する。体長60cmに達する大型種。
分布 伊豆諸島、鳥島、静岡県御前崎、高知県宿毛、屋久島、琉球列島、南大東島。~台湾、南シナ海、西太平洋。
生息環境 水深100m以深の岩礁域に生息する。
食性 小魚や甲殻類を捕食する。
その他 沖縄ではやや深い岩礁域から釣りなどで漁獲され、食用となるが少ない。白身で刺身や焼き物などにしてかなり美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

長嶋祐成さんが日本 沖縄県 石垣島沖で撮ったシマアオダイ

日本 沖縄県 石垣島沖

2018.03.26

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)で撮ったシマアオダイ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)

2017.05.10

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場で撮ったシマアオダイ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.11.12

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったシマアオダイ

フィリピン カビテ

2010.07.03

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったシマアオダイ

フィリピン カビテ

2010.07.03

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったシマアオダイ

フィリピン カビテ

2010.07.03