読み込み中 . . .
中止

ハチジョウアカムツ

Etelis carbunculus Cuvier, 1828

形態・特徴 ハマダイに似ているが、尾鰭は長くのびず、尾鰭下葉の先端は白っぽいことが多い。体色はやや黄色みを帯びている。バケアカムツとは、主上顎骨に鱗があり、胸鰭が長いことで区別できる。体長80cmを超える大型種。
分布 南日本。~インド・中部太平洋。水深200m以浅に多い。
生息環境 水深200mを超える深海の岩礁域に生息する。
食性 主に魚類を捕食する。
その他 ハマダイ同様、釣りの対象魚として、食用魚として重要な種類である。肉は白身で、刺身など美味。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません