イトヒキフエダイ

Symphorus nematophorus (Bleeker, 1860)

形態・特徴 成魚は体高があり、体色は赤色から褐色。吻は丸みを帯びている。若魚では背鰭の軟条のうち数本が糸状に伸び、体側に青白い細縦帯が10本ほどあるなどイレズミフエダイの成魚ににているが、イレズミフエダイの吻外郭は垂直に近いこと、イレズミフエダイの尾柄部の黒色斑が本種にはないことで区別できる。大きいものは1mに達する大型種。
分布 和歌山県串本、高知県柏島、琉球列島。~台湾、西太平洋、アンダマン海。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域のやや深い場所(水深20m以深)に生息する。
食性 小魚を捕食する。
その他 釣りなどで漁獲され食用になっているが、一部の国ではシガテラ毒をもつこともあるという。イトヒキフエダイ属は本種のみの1属1種である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

それがしさんが日本 沖縄県 慶良間沖で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 慶良間沖

2010.02.26

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 本島近海

2014.11.05

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 薩南諸島で撮ったイトヒキフエダイ

日本 鹿児島県 薩南諸島

2005.05.19

Princeさんがオーストラリア GBRで撮ったイトヒキフエダイ

オーストラリア GBR

2020.02.02

蛙さんが日本 沖縄県 熱田沖で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 熱田沖

2009.06.08

足こぎさんが日本 沖縄県 本島東海岸で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 本島東海岸

2015.11.02

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 本島近海

2016.05.05

ボビーさんが日本 沖縄県 久米島沿岸で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.01.12

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったイトヒキフエダイ

フィリピン サマール島

2009.12.20

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったイトヒキフエダイ

フィリピン サマール島

2011.12.17

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったイトヒキフエダイ

フィリピン サマール島

2011.02.04

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.05.05

ariya-photoさんが日本 沖縄県 北谷町 宮城海岸(砂辺)で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 北谷町 宮城海岸(砂辺)

2022.05.02

ボビーさんが日本 沖縄県 久米島沿岸で撮ったイトヒキフエダイ

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.01.12