センニンフグ

Lagocephalus sceleratus (Gmelin, 1789)

形態・特徴 ほかのサバフグ属魚類に比べて体は細長い。体背面に暗色小斑点が多数ある。体側下半部には銀色の縦帯がある。胸鰭軟条数は16から18である。鰓孔は黒い。背面は背鰭前方付近にまで小棘があり、腹面にも同様の棘がある。大型種で全長は1mを超える。
分布 相模湾以南の太平洋岸、新潟県佐渡、兵庫県浜坂、九州北~西岸、琉球列島、小笠原諸島。~台湾、海南島、南シナ海、インド-西太平洋、地中海。
生息環境 沿岸域には少なく、沖合に多く生息する。中層域に見られる遊泳性のフグ。水深300mを超える深さからも漁獲されている。
食性 肉食性。小魚や甲殻類、軟体動物などを捕食する。
その他 定置網や釣り、刺網、延縄などで漁獲されるが、本種は卵巣・肝臓・腸はもちろんのこと、筋肉にも毒性があり、台湾などで中毒例が報告されている。食用にはできない。従来、沖縄では食用になるとされていたが、毒性が調べられ、食用に不向きとしている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません