オキフエダイ

Lutjanus fulvus (Forster, 1801)

特徴 全長60cmになるとも言われるが普通はもっと小さい。幼魚では体側に明瞭な黄色の縦線があり、白色のまだら模様もある。成長するとまだら模様は消え、全体的に赤色を呈する。腹鰭と臀鰭は黄色く、背鰭には赤く、濃い赤色の縁取りがある。
分布 神奈川県三浦半島以南(幼魚)、静岡県以南の太平洋岸、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~台湾、インド-太平洋。
生息環境 幼魚は内湾や河口域に生息している。成魚はサンゴ礁や岩礁などでごく普通に見られる。
食性 肉食性で魚やエビなどを食べる。
その他 食用魚。塩焼などにして美味である。また他のフエダイの仲間とともに幼魚はルアー釣りの対象魚として人気がある。飼育下では臆病で、物陰に隠れやすい。ストレスを与えるとまだら模様が出る。しかし、混泳できそうなサイズと思って水槽に導入すると、他の魚が食べられてしまうということもあるので注意が必要である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません