読み込み中 . . .
中止

ネッタイヒイラギ

Photopectoralis bindus (Valenciennes, 1835)

特徴 全長15cm。体高が高く、体は卵形。口は前方に伸出する。体側背部に虫食い状の暗色斑紋があり、背鰭棘部は黄色を呈する。
分布 琉球列島。インド・西太平洋域。内湾の浅所にすむ。
生息環境 沿岸浅所に生息する。
その他 本種の特徴である虫食い模様は、大型の個体でより顕著である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません