読み込み中 . . .
中止

ヒメヒイラギ

Equulites popei (Günther, 1932)

特徴 全長10cm。体は細長く頭長と体高がほぼ等しい。体側には側線から背部にかけて不規則な暗色班が散在する。また、頬に鱗がある。他のヒイラギ科魚類と体型が大きく異なる。
分布 琉球列島を除く南日本。インド・西太平洋域。沿岸域の浅所に生息する。
生息環境 沿岸の浅所に生息する。定置網にもしばしば入る。
その他 ほとんど利用されることはないが、干物にすると美味。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Equulites popei (Günther, 1932) に変更しました 学名の変更により
2021.04.24 14:40