読み込み中 . . .
中止

コバンヒイラギ

Gazza minuta (Bloch, 1797)

特徴 全長15cm。両顎に大きな犬歯状歯があり、口は前方に伸出する。体は卵形でヒイラギ科の他種に比べてずんぐりとしている。体色は銀白色で背部に乱れた細い横帯が多数ある。
分布 琉球列島。紅海を含み、オーストラリア北部までのインド・西太平洋域。水深55m以浅の沿岸や汽水域の砂泥底にすむ。
生息環境 沿岸域の砂泥底の場所に生息する。
食性 主にネクトンなどを食べる。
その他 両顎の犬歯状歯は指で触れば分かる。目が大きいことも本種の特徴である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません