読み込み中 . . .
中止

マルヒラアジ

Carangoides caeruleopinnatus (Rüppell, 1830)

特徴 体は銀色っぽい。吻はややとがる。幼魚は第2背鰭と臀鰭が伸びるが、幼魚では臀鰭の軟条の方がよく伸びている。成魚は生時、体側に黄色斑が散らばる。全長30cmほどになる。
分布 相模湾以南の太平洋岸、琉球列島。~インド-太平洋域。
生息環境 沿岸の浅所に生息する。
食性 他のアジと同様に動物食性だと思われる。
その他 定置網や釣りなどで漁獲される。他のアジと同様に食用になり、刺身はかなり美味である。本種によく似ているものに、キイヒラアジがいるが、この種類は、本種と同種かもしれないようだ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません