読み込み中 . . .
中止

クロボシヒラアジ

Alepes djedaba (Forsskål, 1775)

特徴 全長40cm。吻端が眼の中央にあり、第1背鰭と第2背鰭の高さがほぼ等しい。鰓蓋上部に黒斑がある。体色は背部が黒色で腹部は白色。尾鰭は黄色。同属のミヤカミヒラアジよりも体が細長い。
分布 宮崎県。インド・西太平洋域。スエズ運河より侵入して地中海東部。沿岸浅所にすむ。
生息環境 沿岸の水深の浅い場所に生息する。
その他 以前は全く知られていなかった種であるが、最近は鹿児島県や宮崎県でまとまった数が漁獲されている。認識が薄い種というだけで味は良く、利用価値は十分ある。しかし、かなりの個体数が日本海域に進入してくると、従来の生態に影響を与える可能性もあるので注視していく必要がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません