オジサン

Parupeneus multifasciatus (Quoy and Gaimard, 1825)

形態・特徴 体側に2~5本の黒色横帯が見られ、第2背鰭の下にあるものと尾柄部の2本が特に目立つ。体色は赤っぽいもの、紫色っぽいもの、白っぽいものなど多様に変化する。
分布 八丈島、千葉県以南の太平洋岸~琉球列島、小笠原諸島。~西太平洋、キーリング諸島以東のインド洋。
生息環境 水深140mまでの岩礁域やサンゴ礁域の砂底・砂礫底・藻場に生息し、浅所に多い。単独もしくは小規模な群れで行動する。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
その他 オジサンという標準和名は、ヒメジ科魚類に特徴的な味蕾の集まった下顎から伸びる2本の髭に由来する。本種に限らず、ヒメジ科魚類はオジサンと混称されることもあるので注意が必要である。ヒメジ科魚類は本種を含めて例外なく美味であり、水産上重要な種も多い。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません