キツネアマダイ

Malacanthus latovittatus (Lacepède, 1801)

特徴 体長35cmと、本科魚類では大型になる。主鰓蓋骨には大きな棘をもつ。体色は青っぽく、体側に太く黒い縦縞がある。幼魚は白と黒の色彩で、一見ベラ科のソメワケベラ属にも見える。
分布 相模湾、田辺湾、琉球列島。ハワイ、紅海、南アフリカ、インド・西太平洋。
生息環境 サンゴ礁域やその周辺の砂底に生息し、孔を堀り、隠れ家とする。
食性 肉食性。主に底生動物を捕食する。
その他 幼魚は観賞魚に向く。成魚は刺網や釣りで漁獲され、琉球列島以南では食用になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません