読み込み中 . . .
中止

キアマダイ

Branchiostegus auratus (Kishinouye, 1907)

形態・特徴 背中線が黒く、アカアマダイに似るが本種では頬鱗が明瞭で、生時は眼下に1本の銀白色線があることで区別できる。スミツキアマダイとは眼下の銀白色線が1本で、背鰭に黒色斑がないことで区別可能。体長30cm。
分布 本州中部以南、東シナ海。台湾。
生息環境 水深160~200mの大陸棚に生息する。水深は基本的にアカアマダイよりも深い。
食性 肉食性。魚類、甲殻類、棘皮類、軟体類などを捕食する。
その他 底曳網で漁獲され、食用となる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

キアマダイ

日本 神奈川県 茅ヶ崎沖

2016.12.28

キアマダイ

日本 静岡県 静岡市久能沖

2020.05.09

キアマダイ

日本 長崎県 近海

2014.03.31

キアマダイ

日本 神奈川県 茅ヶ崎沖

2016.12.28

キアマダイ

日本 神奈川県 茅ヶ崎沖

2016.12.28

キアマダイ

日本 静岡県 浜名湖沖

2019.05.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する