読み込み中 . . .
中止

アオスジテンジクダイ

Ostorhinchus aureus (Lacepède, 1802)

形態・特徴 眼の瞳の上下方に青色線がある。アオハナテンジクダイによく似ているが、尾柄部に黒色帯と黒色円斑がある。頭部から鰓蓋に青色斑があるが、体側にはない。体長10cmを超える。
分布 三宅島、愛媛県以南、琉球列島。~インド・太平洋。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁の岩孔にすむ。
食性 肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。
その他 刺網、定置網、などで漁獲され、食用になる。色彩が美しいので観賞魚としても稀に流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません