ホンフサアンコウ

Chaunax fimbriatus Hilgendorf, 1879

形態・特徴 皮膚は厚く、小さな棘に覆われている。ミドリフサアンコウに似ているが、背鰭軟条部前方にくぼみがあり、生時、体背面中央部、背鰭軟条部に黄色斑があることが特徴。体長20cm
分布 銚子以南、九州-パラオ海嶺、東シナ海。水深280~500mにすむ。
生息環境 水深280から500mの深海に生息する。
食性 魚類や甲殻類を捕食する動物食性と思われる。
その他 漁法・利用法はミドリフサアンコウ同様であるが、本種はミドリフサアンコウよりも深い場所に多い。フサアンコウの仲間は日本近海では3種が知られるが本種はその中でもハナグロフサアンコウと並び少ない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません