読み込み中 . . .
中止

フウライイシモチ

Ostorhinchus fasciatus (Cuvier, 1828)

形態・特徴 テッポウイシモチに非常によく似ているが、第1背鰭棘は7棘であることで区別できる。また体側には細く短い横帯がある。体長5cmほど。
分布 長崎県以南。インド・太平洋域。内湾の砂泥底に生息する。
生息環境 内湾域の砂・泥底に生息する普通種。
食性 肉食性。
その他 日本ではやや少ないが、東・南シナ海ではよく見られる。釣りなどによって漁獲され、食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんがフィリピン ルソン島のバコールマーケットで撮ったフウライイシモチ

フィリピン ルソン島のバコールマーケット

2014.04.03

MARI-Jさんが中国 香港 サニーベイで撮ったフウライイシモチ

中国 香港 サニーベイ

2009.11.21

MARI-Jさんが中国 香港 サニーベイで撮ったフウライイシモチ

中国 香港 サニーベイ

2009.11.21

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったフウライイシモチ

フィリピン カビテ

2011.04.17

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する