読み込み中 . . .
中止

ナガレボシ

Ostorhinchus selas (Randall and Hayashi, 1990)

形態・特徴 第1背鰭は6棘。体側には明瞭な縦帯があるが、これは固定後不明瞭になる。尾柄部後端には大きな黒色円斑がある。体長5cm程の小型種。
分布 琉球列島。フィリピン、ソロモン諸島。水深20m付近の珊瑚礁崖で小さな群れをつくる。
生息環境 水深20mほどのサンゴ礁域で小さな群れをつくる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません