読み込み中 . . .
中止

キアンコウ

Lophius litulon (Jordan, 1902)

形態・特徴 体色は茶色っぽい。背鰭第1棘は誘引突起に変形している。口腔内は暗色で、淡色円斑がない。この特徴の他、上顎の外列歯が約21本あり連続せず隔たりがあること、上膊棘とよばれる、肩部の皮下に埋もれた棘は枝分かれしない単尖頭であることから近縁種のアンコウと区別できる。アンコウよりもさらに大きくなり体長1mを超える。
分布 北海道以南。黄海、東シナ海北部。おもに水深25~560mにすむ。
生息環境 水深500mまでの深さに生息する普通種。砂底にすむ。
食性 主にテンジクダイ類、アナゴ類、カレイ類、タイ類などの魚類を捕食している。ほかわずかにエビジャコ類、エビ類などの甲殻類なども捕食する。
その他 黄海・東シナ海では2-5月が産卵期とされる。卵は長さ4-5m、幅26-36cmの帯状で海の表面に浮かぶ。
本種は主に沖合底曳網で漁獲される。肉は白身で鍋物などに利用される。肝臓・胃・腸・鰓・鰭など「七つ道具」と呼ばれ骨を除き余すところなく食べられ、美味である。小型個体は揚げ物などでも利用される。
市場では本種をホンアンコウ、アンコウをクツアンコウと称し区別する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ponさんが日本 茨城県 大洗漁港直売所で撮ったキアンコウ

日本 茨城県 大洗漁港直売所

2010.12.09

びんびんさんが日本 石川県 羽咋市滝漁港で撮ったキアンコウ

日本 石川県 羽咋市滝漁港

2002.04.06

koo1さんが日本 静岡県 浜名湖で撮ったキアンコウ

日本 静岡県 浜名湖

2015.05.09

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)で撮ったキアンコウ

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.09.28

西潟正人さんが日本 神奈川県 神奈川県佐島沖で撮ったキアンコウ

日本 神奈川県 神奈川県佐島沖

2002.02.01

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)で撮ったキアンコウ

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.09.28

鈴鹿さんが日本 山口県 下関漁港で撮ったキアンコウ

日本 山口県 下関漁港

2007.03.04

魚屋さんが日本 新潟県 筒石町で撮ったキアンコウ

日本 新潟県 筒石町

2003.09.02

魚屋さんが日本 新潟県 筒石町で撮ったキアンコウ

日本 新潟県 筒石町

2003.09.02

みのむしさんが日本 島根県 島根県大田市沖で撮ったキアンコウ

日本 島根県 島根県大田市沖

2006.05.08

ponさんが日本 茨城県 大洗漁港直売所で撮ったキアンコウ

日本 茨城県 大洗漁港直売所

2010.12.09

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する