読み込み中 . . .
中止

クツワハゼ

Istigobius campbelli (Jordan and Snyder, 1901)

形態・特徴 胸鰭上方軟条は遊離しない。眼の後方から後方へ向かう暗色の縦線がある。体側には暗色小斑が多数ある。ホシカザリハゼとは第1背鰭に明瞭な斑紋がないこと、マダラカザリハゼとは、眼の下に暗色線がないことで区別可能。体長8cm。
分布 富山県・千葉県~西表島。朝鮮半島南岸、済州島、中国、台湾。岩礁性海岸の砂底にすむ。
生息環境 温帯域にも熱帯域にも見られる普通種。砂地や磯の浅所でごく普通に見られる。
食性 甲殻類、多毛類、小魚などを捕食する。
その他 南日本ではホシノハゼとともに良く釣れるハゼの一つ。投げ釣りやいかだ釣りなどで時々釣れるが、普通食用とはされていない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません