読み込み中 . . .
中止

スミツキアトヒキテンジクダイ

Taeniamia fucata (Cantor, 1849)

形態・特徴 背鰭軟条数は9本。鰓蓋上部後方に濃赤色もしくは暗色斑が1つある。頬部には暗色帯がなく、フタホシアトヒキテンジクダイと区別できる。体長7cm。
分布 奄美大島以南。西部太平洋、ニューギニア。礁湖内にすむ。
生息環境 波の穏やかなサンゴ礁域、礁湖にすむ。岩礁域にも見られる。
食性 プランクトン食性。
その他 最近は九州や四国の磯でも漁獲されているが、食用とされていないようである。従来使われていたA.dispilusはA.fucataのシノニムとなっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません