読み込み中 . . .
中止

クロオビアトヒキテンジクダイ

Taeniamia zosterophora (Bleeker, 1856)

形態・特徴 背鰭軟条数は9本。生時、体側には太い黒色横帯がある(固定後は不明瞭になることがある)。尾柄部には小黒色斑がある。体長6cm。
分布 琉球列島。東部インド洋~西部太平洋の熱帯域。礁池内の枝サンゴの間隙に生息する。
生息環境 波の穏やかなサンゴ礁域の枝状サンゴの周りに生息し、大きな群れをつくる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

hanadaiさんが日本 沖縄県 西表島で撮ったクロオビアトヒキテンジクダイ

日本 沖縄県 西表島

2011.10.31

鈴鹿さんがフィリピン レイテ島で撮ったクロオビアトヒキテンジクダイ

フィリピン レイテ島

2009.07.10

しんちゃんさんが日本 沖縄県 慶良間諸島 座間味島 唐馬西ポイントで撮ったクロオビアトヒキテンジクダイ

日本 沖縄県 慶良間諸島 座間味島 唐馬西ポイント

2011.07.23

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったクロオビアトヒキテンジクダイ

フィリピン サマール島

2010.10.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する