読み込み中 . . .
中止

イソギンポ

Parablennius yatabei (Jordan and Snyder, 1900)

分布 北海道~九州までの日本各地沿岸、奄美大島。~朝鮮半島、台湾、山東半島。
特徴 眼の上に大きな皮弁がある。体色は灰褐色から茶褐色で、体側には暗色や赤褐色の斑紋があったりする。上顎には大きな犬歯がある。体長7cmほどになる。
生息環境 岩礁に生息し、潮溜まりでも本種の姿をよくいることができる。フジツボや貝の中、あるいは岩にあいた孔の中に頭だけ出して潜んでいることがある。稚魚は浮遊するブイや、イカダの下などにも見られる。
その他 日本の温帯域では普通種で、釣りなどで漁獲されることがあるが、食用にはなっていない。しかし顔つきがかわいいため、観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません