読み込み中 . . .
中止

シボリ

Fowleria variegata (Valenciennes, 1832)

形態・特徴 体側には小黒色斑が不規則に並び、胸鰭を除く各鰭に小斑があることでよく似たナハマトイシモチと区別できる。側線は尾柄部にまで達しない。鼻管が長く、よく目立つ。体長8cmに達する。
分布 奄美大島以南。~インド・太平洋域。珊瑚礁の下や小さな岩穴に生息する。また内湾の藻場や汽水域に棲むものもいる。
生息環境 単独で岩の下などに潜む。サンゴ礁域や岩礁域にすむものと、内湾の藻場や汽水域にすむものがある。
食性 肉食性で小魚や甲殻類を貪欲に捕食する。
その他 他のテンジクダイ科魚類と同じく、口腔内で卵を保護する。釣りで採集されることもあるが、普通は食用とされない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません