読み込み中 . . .
中止

サクラテンジクダイ

Cercamia eremia (Allen, 1987)

形態・特徴 体高が低い。体色は赤みを帯びる。後側頭骨に顕著な棘を持ち、体の側線はないか、あっても鰓蓋上方に数枚の有孔鱗があるのみで、体に孔器列があるなど、テンジクダイ亜科としては異端な種であるといえる。体長5cm。
分布 静岡県、三重県、徳島県、鹿児島県内之浦、奄美大島以南。インド・西部太平洋、紅海、オーストラリア西部。水深5~30mのサンゴ礁・岩礁域の岩孔や洞窟に生息する。
生息環境 サンゴ礁域に生息し、岩孔や洞窟の中にすむ。
その他 定置網などでごく稀に漁獲されるが、食用とはなっていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

山田良一さんが日本 東京都 小笠原村で撮ったサクラテンジクダイ

日本 東京都 小笠原村

2015.07.16

海底奉行さんが日本 沖縄県 恩納村 ホーシューで撮ったサクラテンジクダイ

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2021.10.30

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する