読み込み中 . . .
中止

オキナワクルマダイ

Pristigenys meyeri (Günther, 1872)

形態・特徴 体側には細い赤色帯と、その間に赤い破線がある。背鰭・臀鰭・腹鰭・尾鰭の後縁が黒い。背鰭軟条数は12本。体長25cmになる。
分布 八丈島、土佐湾以南、琉球列島、東シナ海。~西太平洋、サモア、マリアナ諸島
生息環境 水深110-240mの砂底に生息する。
その他 沖合底曳網や釣り、延縄などで漁獲される。食用になるがあまり多くは漁獲されない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

はてるまさんが日本 沖縄県 国頭郡本部町 「美ら海水族館」深海コーナーで撮ったオキナワクルマダイ

日本 沖縄県 国頭郡本部町 「美ら海水族館」深海コーナー

2015.04.05

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったオキナワクルマダイ

日本 沖縄県 本島近海

2014.05.21

航恵衣丸さんが日本 鹿児島県 喜界島新曽根で撮ったオキナワクルマダイ

日本 鹿児島県 喜界島新曽根

2010.01.23

ミストラルさんが日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館で撮ったオキナワクルマダイ

日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館

2017.01.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する