キントキダイ

Priacanthus macracanthus Cuvier, 1829

形態・特徴 体色はうすい赤色で、背鰭・臀鰭・腹鰭の鰭膜に黄色斑がある。鱗ははがれにくい。側線有孔鱗数は66-83枚。ウスベニキントキやアカネキントキに似ているが、背鰭の鰭膜に黄色斑があることで区別可能。ウスベニキントキは、最大の体高が頭部後方にある(本種では肛門付近)ことでも区別可能。体長25cmほど。
分布 相模湾~九州までの太平洋岸、新潟県以南の日本海沿岸、琉球列島、東シナ海。~済州島、台湾、香港、南シナ海、東インド-西太平洋。
生息環境 水深30mくらいの場所でも見られるが水深100m前後の砂泥底に多く見られる。
食性 主に小魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。
地方名 キントキ・キンメ(山口県)、アカメバル(山口県下関市)
その他 釣りの外道として時々漁獲される。定置網や各種底曳網においても漁獲されている。美味な魚で、塩焼き、フライ、煮付け、刺身、干物など美味。
本種は南日本各地の沿岸に普通に見られる温帯性の魚で、沖縄では少ない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保沖で撮ったキントキダイ

日本 静岡県 静岡市三保沖

2005.08.07

中田 親さんが日本 愛媛県 愛南町深浦で撮ったキントキダイ

日本 愛媛県 愛南町深浦

2007.10.03

Gakuさんが日本 茨城県 鹿島市鹿島港で撮ったキントキダイ

日本 茨城県 鹿島市鹿島港

1999.08.06

NOAHさんが日本 宮崎県 日向灘で撮ったキントキダイ

日本 宮崎県 日向灘

2024.02.24

NOAHさんが日本 宮崎県 日向灘で撮ったキントキダイ

日本 宮崎県 日向灘

2024.02.24