読み込み中 . . .
中止

ニザダイ

Prionurus scalprum Valenciennes, 1835

形態・特徴 ニザダイ属の魚は腹鰭が1棘5軟条からなり、尾柄部には棘ではなく、3-6個(3個のものが多い)の骨質板がある。本種はその骨質板が普通4個で、体側には小暗色斑が密にないこと、尾鰭が暗色もしくは灰色(幼魚は白っぽい)であることなどにより区別できる。幼魚の体は丸みを帯びているが、成魚ではやや長くなる。体長40cmに達する。
分布 宮城県以南。台湾。岩礁域にすむ。
生息環境 温帯域にも多く生息し、幼魚は東北太平洋岸や日本海にも出現する。岩礁域、珊瑚礁域にすみ、幼魚は潮だまりでもよく見られる。群れでも単独でも見られる。
食性 藻類や甲殻類などを捕食する雑食性。
その他 磯釣りでは外道として扱われる。食味については毀誉褒貶が著しいが、釣ったらすぐに血と内臓を抜くと美味しく食べられる。特に冬は美味という。ニザダイ属の魚は太平洋、東部太平洋、東部大西洋に計7種類が知られているが、日本には本種のみが分布する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 高知県 沖ノ島 久保浦

2010.07.16

日本 愛知県 知多郡南知多町小佐港

2019.09.25

日本 東京都 伊豆大島 泉津港

2019.03.20

日本 宮崎県 南郷町大島・竹の尻防波堤

2003.09.23

日本 千葉県 館山

2016.08.11

日本 静岡県 雲見

2014.10.23

日本 和歌山県 白浜町 笠甫

2017.09.03

日本 鹿児島県 串木野

2015.09.01

日本 愛媛県 御五神島 マルバエ 水道

2018.12.09

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.30

日本 東京都 伊豆大島

2019.05.10

日本 神奈川県 江の島沖

2016.11.20

日本 静岡県 入間沖磯

2013.07.18

日本 鹿児島県 奄美大島 

2007.10.07

日本 高知県 春野漁港

2017.09.13

日本 静岡県 浜名湖沖

2018.07.02

日本 千葉県 白浜

2014.09.14

日本 鹿児島県 屋久島 原港

2014.05.26

日本 和歌山県 西牟婁郡白浜町 朝来帰漁港

2010.12.11

日本 東京都 利島

2009.08.16

日本 鹿児島県 大島郡喜界町小野津港

2013.11.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する