サラサハタ

Chromileptes altivelis (Valenciennes, 1828)

形態・特徴 ハタ類としては体高があり、背鰭棘数は10で、マハタ属よりも少ない。体色淡色から灰色で、体側には黒色斑が散在する。幼魚のうちは、この黒色斑が大きく美しい。体側のほか、各鰭にもこの黒色斑がある。体長40cmを超える。
分布 相模湾以南の太平洋岸、琉球列島。~台湾、香港、南シナ海、西太平洋、東インド洋。
生息環境 サンゴ礁域、岩礁域にすむ普通種。浅海にすむ。
食性 他の魚や、甲殻類などを捕食する。
その他 刺網や、潜り漁などで漁獲される。琉球列島では他のハタ類同様に市場にも出、食用になっている。美味という。幼魚はその独特の斑紋から観賞魚としても飼育されているが、成魚は大型の水槽でないと飼えない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません