読み込み中 . . .
中止

スミツキハタ

Epinephelus melanostigma Schultz, 1953

形態・特徴 体側の斑点は網目模様を形成する。胸鰭にも斑点が散在する。背鰭の基底部に大きな黒色斑があり、ヒトミハタににているがヒトミハタの吻は眼の前で隆起するのに対し本種では隆起しない。体長30cmほどになる。
分布 琉球列島。インド・太平洋域。珊瑚礁域の浅所にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁に生息する。
食性 ほかのハタ科魚類同様、小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 沖縄では釣りや各種網で漁獲され食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 名護市の魚市場(本島近海産)

2017.04.13

日本 沖縄県 石垣島

2018.11.24

日本 沖縄県 石垣島

2018.05.03

日本 沖縄県 石垣島

2018.04.22

日本 鹿児島県 奄美大島 万屋リーフ

2010.10.05

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.09

日本 鹿児島県 喜界島沖 上嘉鉄方面

2011.09.23

日本 沖縄県 名護市の魚市場(本島近海産)

2017.04.13

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.09.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する