読み込み中 . . .
中止

シロブチハタ

Epinephelus maculatus (Bloch, 1790)

形態・特徴 体側と胸鰭に網目模様がある。背鰭や、体側の背部には大きな淡色域がある。幼魚は黒っぽく、白色斑は大きい。体長は40cmに達する。
分布 八丈島、相模湾以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島、~東インド-西・中央太平洋。
生息環境 サンゴ礁域、岩礁域、その周辺の砂底に生息する。
食性 小魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。
その他 釣り、刺網、潜水漁などで漁獲され、食用魚として重要である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません