読み込み中 . . .
中止

キビレハタ

Epinephelus macrospilos (Bleeker, 1855)

形態・特徴 体側に小黒色斑があり網目模様を形成する。胸鰭には斑点が密にない。体の背縁には黒色斑がなく、ヒトミハタなどと区別できる。体長40cmに達する。
分布 琉球列島。インド・太平洋域。珊瑚礁域の浅所にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
食性 小魚などを捕食する。
その他 他のハタ科魚類同様食用魚として市場にもでる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません