ミナミイソハタ

Cephalopholis leopardus (Lacepède, 1801)

分布 琉球列島。インド・太平洋。
特徴 ハタ科の小型種で、成魚でも体長15cmほど。体は赤みを帯びた色。頭部や体側に大きな赤色斑がある。尾柄部の背部には小さな黒色斑があり、尾鰭には斜帯がある。
生息環境 水深40m以浅のサンゴ礁域に生息する。
食性 動物食性
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません