ミナミハタ

Cephalopholis polleni (Bleeker, 1868)

形態・特徴 ユカタハタ属としては珍しく、尾鰭が截形で、体側に細い縦帯がある。体色は黄色っぽい。体長25cmほど。
分布 琉球列島。~インド・太平洋。サンゴ礁外縁のやや深所にすむ。
生息環境 サンゴ礁外縁のやや深所、水深120mまでに生息する。
その他 美しい色彩で、あまり大きくならないため観賞魚として飼育されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
hanadaiさんがフィリピン モアルボアルで撮ったミナミハタ

フィリピン モアルボアル

2012.06.10

hanadaiさんがフィリピン ボホール島で撮ったミナミハタ

フィリピン ボホール島

2007.05.29