読み込み中 . . .
中止

ヤマブキハタ

Saloptia powelli Smith, 1964

形態・特徴 背鰭棘数が8と少なく、スジアラ属魚類に良く似ているが、背鰭は3棘ともに顕著である。体色は背部が黄色っぽく、腹部は桃色。体側には斑紋はない。体長30cmを超える。
分布 琉球列島。インド・太平洋域。沿岸深所の岩礁域にすむ。
生息環境 沿岸のやや深い場所にすむ。
食性 肉食性。
その他 釣りや延縄などで漁獲される。沖縄では他のハタ科魚類と同じく食用になっている。ヤマブキハタ属は本種1種のみが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません