アサヒハナゴイ

Pseudanthias flavoguttatus (Katayama and Masuda, 1980)

分布 伊豆諸島以南の南日本太平洋岸、沖縄県、小笠原諸島。~バリ、パラオ諸島、東インド洋。
特徴 体の背側に6個前後の赤色斑がある。このうち背鰭基底後端から尾鰭にかけての赤色斑数が2個であることが特徴的である。雄の背鰭第3棘は少し伸びる。体長10cmほど。
生息環境 やや深い(水深80mまで)の岩礁域やサンゴ礁域にすむ。
その他 観賞魚として飼育される。日本にも分布するが、通常は海外から輸入されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。