読み込み中 . . .
中止

コシナガ

Thunnus tonggol (Bleeker, 1851)

形態・特徴 全長は1mほどにまでなる。体は紡錘形で、胸鰭は長くなり第2背鰭を超えるが、小離鰭までに達するほどではない。体側下部に散在する白色斑が小さく密に分布すること、もしくはその白斑が連続して横帯のように見えることが特徴。
分布 南日本。西太平洋、インド洋、紅海。
生息環境 外洋域の主に表層を群泳する。
食性 魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 水産上重要種。日本では成魚が漁獲されることは稀であるが、幼魚の水揚げは成魚よりも多いようである。しかし、市場では、その幼魚はクロマグロ、キハダ、ビンナガなどと混同されて扱われているようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

西潟正人さんが日本 神奈川県 佐島沖で撮ったコシナガ

日本 神奈川県 佐島沖

2001.12.10

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったコシナガ

フィリピン サマール島

2010.01.12

NOAHさんが日本 島根県 益田(鮮魚の通販で購入)で撮ったコシナガ

日本 島根県 益田(鮮魚の通販で購入)

2015.04.16

38kさんがアラブ首長国連邦 FUJAIRHA沖で撮ったコシナガ

アラブ首長国連邦 FUJAIRHA沖

2008.05.07

釣りおじさんinシドニーさんがオーストラリア NSW州 ノースコーストで撮ったコシナガ

オーストラリア NSW州 ノースコースト

2020.10.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する