読み込み中 . . .
中止

アカネハナゴイ

Pseudanthias dispar ( Maeda, Saeki, and Satoh, 1955)

分布 琉球列島。~中・西部太平洋、東インド洋、クリスマス島。
特徴 生鮮時の体色は、体側は橙色、背鰭は鮮やかな赤色、雄は腹鰭部が長く伸びる。背鰭は第2棘が最長で伸長しない。体長6cmほど。
生息環境 浅いサンゴ礁域(水深20m以浅)で群れをつくる。
食性 主に動物プランクトンを捕食する
その他 食用としては利用されていないが美しい色彩から観賞魚として人気がある。ハナゴイの仲間は臆病で餌付きにくいこともあるが、本種はハナゴイの仲間としては飼育は難しくない。大型水槽で群れで飼育したい魚である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

アカネハナゴイ

インドネシア バリ島

2006.10.10

アカネハナゴイ

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

アカネハナゴイ

日本 沖縄県 伊良部島北部(崖下)

2017.03.05

アカネハナゴイ

日本 沖縄県 西表島

2014.04.21

アカネハナゴイ

インドネシア 南スラウェシ

2014.12.19

アカネハナゴイ

日本 沖縄県 久米島

2014.12.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する