読み込み中 . . .
中止

キチヌ

Acanthopagrus latus (Houttuyn, 1782)

形態・特徴 体色はクロダイと比較し白っぽい。側線より上の背鰭棘条部中央下の横列鱗数は3.5枚と少なく、体高も高いのでクロダイよりも扁平な印象を受ける。また、腹鰭と臀鰭、および尾鰭下葉の下部が黄色いことは名前の由来でもあり、大きな特徴の一つといえる。
分布 千葉県・兵庫県~九州沿岸。台湾、東南アジア、オーストラリア、インド洋、紅海、アフリカ東岸。
生息環境 沿岸浅海域の岩礁周辺、特にやや塩分の低い汽水域で多く見られる傾向があるようだ。
食性 甲殻類、多毛類、軟体動物、海藻、小魚など幅広い食性を示す雑食性。
その他 クロダイと共に釣りでの人気が高い。身はクロダイほど磯臭さがないと言われることが多く、クロダイよりも珍重されることもある。また、クロダイ同様に雌雄同体の両性魚であり、性転換を行うことが知られている。体長10cmほどから性成熟し、大抵は1年目には雄として機能し、次の年には雌となして機能するようになるという、その様式も同じだが、本種はクロダイの春に対して秋に産卵する。生態情報はクロダイよりも不明な点が多く、また世界に広く分布するとされているが、分類学も進んでいないため、複数の種を含むのではないかという疑義が投げかけられている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

MARI-Jさんが日本 神奈川県 川崎市 水江町で撮ったキチヌ

日本 神奈川県 川崎市 水江町

2010.08.15

IHさんが日本 宮崎県 延岡市 土々呂港で撮ったキチヌ

日本 宮崎県 延岡市 土々呂港

2015.10.12

はちさんが日本 神奈川県 横浜市磯子区掘割川で撮ったキチヌ

日本 神奈川県 横浜市磯子区掘割川

2020.06.15

一撃の松さんが日本 山口県 新南陽市富田川で撮ったキチヌ

日本 山口県 新南陽市富田川

2003.05.07

だいき丸さんが日本 長崎県 長崎市 為石漁港で撮ったキチヌ

日本 長崎県 長崎市 為石漁港

2018.09.17

俊章和田さんが日本 大阪府 堺浜自然再生ふれあいビーチで撮ったキチヌ

日本 大阪府 堺浜自然再生ふれあいビーチ

2019.06.09

かねさんが日本 神奈川県 相模川河口で撮ったキチヌ

日本 神奈川県 相模川河口

2014.08.03

hitomiさんが日本 和歌山県 田辺市 干潟公園で撮ったキチヌ

日本 和歌山県 田辺市 干潟公園

2014.09.06

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったキチヌ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.24

酒ちゃんさんが日本 広島県 広島市安芸区で撮ったキチヌ

日本 広島県 広島市安芸区

2013.12.28

AN2017さんが日本 大阪府 淀川汽水域で撮ったキチヌ

日本 大阪府 淀川汽水域

2017.08.27

渡辺謙司さんが日本 広島県 呉市・広大川河口で撮ったキチヌ

日本 広島県 呉市・広大川河口

2002.11.30

俊章和田さんが日本 大阪府 堺市 高石漁港で撮ったキチヌ

日本 大阪府 堺市 高石漁港

2019.02.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する