読み込み中 . . .
中止

コイチ

Nibea albiflora (Richardson, 1846)

形態・特徴 臀鰭基底は短く、2棘7~8軟条。尾鰭後縁は緩い尖形を呈する。ニベと酷似するが、体側にある暗色の斜線は所々で中断し、乱れること、腹側は黄色味を帯びること、第1鰓弓の鰓耙数は21以下であることなどで区別できる。また、ニベほど大きくならず、大きくても50cmくらいまで。
分布 山陰、高知県以南。渤海~南シナ海。
生息環境 水深80mくらいまでの砂泥底や泥底に生息する。ニベと比べて内湾や内海に多く、有明海や瀬戸内海では特に多い。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
その他 シログチやニベと同様に食され、水産上重要種。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません